これが電話の正しい使い方!テレクラの利用について

電話の正しい使い方

女の子と電話

固定電話、携帯電話……スマートフォンなどと言って、電話なのかパソコンなのか分からんという優れた機器も出ている昨今。とにかく「電話」は誰もが持っていて誰もが使える機器となっています。
あなたも、何かしらの電話を持っていることと思います。
そんな中、最初にここで問いたいのは、電話の正しい使い方というものを、あなたはご存じですか?ということ。それを知らないまま、固定電話を置いていたり、スマホをポケットに入れて得意になっていませんか。
実はその電話を使って、「女の子と出会う」ということが出来ます。受話器の向こうで可愛らしい声で喋るギャルたちと出会うためのもの……それが、電話というものなのです。
具体的には、そのサービスは「テレクラ」と呼ばれています。

テレクラの発祥と進化

テレクラ、正式名称「テレフォンクラブ」は1980年代、日本が好景気のまっただ中で浮かれまくっていた頃に流行りはじめたもので、もとは「クラブ」という名の通り、家で出来るものではありませんでした。
固定電話が置いてあるお店に行って、個室で電話をして女の子をつかまえるというシステムのものだったのです。
クラブ内の電話で女の子と出会い、互いに「いいな」と思ったら時間と場所を決めて待ち合わせて、それからあとは……ご自由にどうぞ!というものだったわけです。
もちろん今でも、ちょっと大きい街の賑わっている一角に行くとそういうクラブを見ることが出来ますが、最近では必ずしも個室を備えたクラブに行かなくても、テレクラサービスを利用することが出来るようになっています。
家の固定電話、ポケットの携帯電話からテレクラに電話して、その番号を通して女の子と出会うという形になっているのです。
クラブの個室を使わないという点ではツーショットダイヤルという90年代に始まったサービスに近いものになっています。
また、誰も見ていない自分の家の、自分の部屋から利用することが出来るというわけで、電話で盛り上がったらその場でいわゆる「テレフォンセックス」に及ぶという楽しみがあります。
ちょっとムラっと来たときに番号をプッシュして、電話の向こうでお股をおっぴろげている女の子と、「声で交わる」という楽しいことが出来るのです。これが、現代のテレクラです。

地域を選ぶ

テレクラは、電話線で男女の仲を取り持つサービス。それぞれの地域に住んでいる男女をつなぐ、それぞれの地域の「番号」があります。自分が住んでいるところの番号を選んで、電話しましょう。

電話の向こうの女子

「テレクラの電話の向こうには、どんな女の子がいるんだろう?」気になるところだと思います。どんな女の子がいるのか知るには、テレクラの広告がどこに出されているかを見ればわかります。

料金の支払い

テレクラに男女の仲を取り持ってもらうには、料金が掛かります。そのシステムについて、あらかじめ知っておきましょう。きちんと支払いが出来てこそ、正しい使い方が出来るのです。